上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~本人です。
最近はご無沙汰ですが、この写真は夢想神伝流抜刀術をしている所です。
日本刀を振りましている時の写真はなかなか撮る機会がないので、
本人的には貴重な一枚なのじゃ。

夢想神伝流抜刀術
スポンサーサイト
その日は北海道を捨て東京へと旅立つ前日。

まだ3月、外は雪が降っている。

夜の10時を回った頃、

明日の朝の千歳空港行きの列車の時刻を確認しに美唄駅に行った。

「明日は朝が早いな。」と独り言。

もう北海道で暮らす事はないだろうと感じていた。

明日の今頃は美唄を離れ東京にいる。

時刻表を確認して誰もいない駅を帰ろうとした時、

列車がホームに着き、乗客が降りて来た。

降り立つ乗客を背にして帰ろうとした時、

僕のウォークマンのイヤホンを誰かが外した。

振り返ると、高校時代の隣のクラスの娘が立っていた。

卒業してから2年が経つ。

とくにドラマチックな事は二人の間にはなかったけれど、

大好きだった。

俺はその2年の間いつも彼女に逢いたかったけれど、

それぞれの事情で逢えなかったのだ。

当然だけど、久しぶり見る彼女は

高校生の時と比べて大人の女性になっていた。

彼女は「今、会社の人達と焼き肉屋さんに行って来たんだけど匂わない?」

と、2年も逢ってなかったのに、あの頃の様に話しかけてきて、

互いの体が触れるくらいに近づいて来た。

「こんな所で何してるの?」と彼女。

「明日、北海道を離れて東京で暮らすんだ。だから列車の時刻確認。」

「もう、北海道には帰ってこないの?」

「・・・たぶん、帰らない。」

どうして今になってこんな所で逢うんだろう。

話したい事もたくさんあったけれど、もう手遅れだ。

俺は明日、北海道を離れてしまう。

しばし沈黙が流れ、彼女に外されたイヤホンから

チューリップの「青春の影」が流れていた。

彼女が視線をむけて

「じゃあ、今、抱きしめて」と彼女が言った。

「ああ、いいよ」と俺。

しばらく抱きしめた後、彼女は

「ありがとう」と言って、

雪の降る町へ消えて行った。

あれから随分と年月が過ぎたけれど、

やはり俺は東京に居る。
  残業や
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。