上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その日は北海道を捨て東京へと旅立つ前日。

まだ3月、外は雪が降っている。

夜の10時を回った頃、

明日の朝の千歳空港行きの列車の時刻を確認しに美唄駅に行った。

「明日は朝が早いな。」と独り言。

もう北海道で暮らす事はないだろうと感じていた。

明日の今頃は美唄を離れ東京にいる。

時刻表を確認して誰もいない駅を帰ろうとした時、

列車がホームに着き、乗客が降りて来た。

降り立つ乗客を背にして帰ろうとした時、

僕のウォークマンのイヤホンを誰かが外した。

振り返ると、高校時代の隣のクラスの娘が立っていた。

卒業してから2年が経つ。

とくにドラマチックな事は二人の間にはなかったけれど、

大好きだった。

俺はその2年の間いつも彼女に逢いたかったけれど、

それぞれの事情で逢えなかったのだ。

当然だけど、久しぶり見る彼女は

高校生の時と比べて大人の女性になっていた。

彼女は「今、会社の人達と焼き肉屋さんに行って来たんだけど匂わない?」

と、2年も逢ってなかったのに、あの頃の様に話しかけてきて、

互いの体が触れるくらいに近づいて来た。

「こんな所で何してるの?」と彼女。

「明日、北海道を離れて東京で暮らすんだ。だから列車の時刻確認。」

「もう、北海道には帰ってこないの?」

「・・・たぶん、帰らない。」

どうして今になってこんな所で逢うんだろう。

話したい事もたくさんあったけれど、もう手遅れだ。

俺は明日、北海道を離れてしまう。

しばし沈黙が流れ、彼女に外されたイヤホンから

チューリップの「青春の影」が流れていた。

彼女が視線をむけて

「じゃあ、今、抱きしめて」と彼女が言った。

「ああ、いいよ」と俺。

しばらく抱きしめた後、彼女は

「ありがとう」と言って、

雪の降る町へ消えて行った。

あれから随分と年月が過ぎたけれど、

やはり俺は東京に居る。
スポンサーサイト
 正確に言えば、「初恋」はこれより以前だけど、
それ以前はよく覚えてないし、
思春期のこの「恋」が俺の「初恋」であると言える。


中学一年の頃俺は体が小さく、150cm無かった。
卒業する頃には177cmになっていた。
記録を見ると、147 cm。一年で10cmづつ伸び続けた俺・・・。
けれど、体と心は正比例することなく、急激に身長だけが伸びた。

その頃、いわゆるまだ少年時代の俺は、隣りの机の中学の3年間を
一緒に過ごした青木真理さんが好きであった
青木真理さんは親父さんが元警察官だったけど、
その頃にはお母さんと二人暮らしだった。
クラスでは担任の先生に気が向いた時に書く、「生活ノート」って言うものがあった。
ある日、担任の先生に職員室に呼ばれ、「これを見ろ」と彼女のノートを見せられた。
そこには彼女の前から姿を消した父親への複雑な感情、母親との葛藤からか、
そこには自分が必要とされていないじゃないか?と言う内容が書かれていた。
先生は「お前とは仲がいいみたいだから、それとなく元気づけてやってくれ。」
と頼まれたが、俺はたとえ一時の感情でもそんな事を書く彼女に腹を立て、
クラスに戻り、彼女に言った。
「俺の事を父親だと思って良し!お前には俺がいつもいるからな!」
彼女は唐突にそんな事を言われてしばしキョトンとしていたが、やがて大笑いして
「お父さんにしては小さいよね~、銀嶺君。だけど頼りにするわ。」と言ってまた笑い出した。まだ160cmに達していないが、でかくなって見せます、俺。


俺と彼女は、
机も隣りでいつも色々な事を話していた。
部活の事、進学の事や家族の事、
「誰々さんから、交際を申し込まれたけど、どうやって断ろうか?」とか
成績の事などを中学生らしく思いつくままなんでも話していた。
俺と彼女の席のすぐ側の窓からは白樺の林が見え、
白樺の青々とした葉を背景に、いつも彼女を俺は見ていた。
何度かケンカもしたけれど、翌日にはそんな事はケロッと忘れて
またいつものように過ごしていた。
あいつがいたから毎日、学校へ行くのが楽しかった。
時は受験シーズンになり、テスト結果などを話し、
お互いにはげまし勉強していた。
卒業を間近にするにつれ、もう今までのように会えなくなると思った時 、
こみ上げる感情が抑えられなくなっていた。
受験の為に国語を勉強し、あの時よりは語彙も増えた、四文字熟語も完璧だ。
今ならこの感情をうまく言葉に出来るはずだ。
しかし体と心が正比例して成長していない俺は、
卒業式のとき事もあろうに俺は、直接「好きだ」と言えず
人伝えにそれを言ってしまった。あああ、俺の卑怯者!
それに「好きだ」と伝えて、その後どうする気だったのか
彼女に解らないではないか、俺のバカ。
彼女は本当は最後まで東高に進学したかったんだけど、
担任の先生のごり押しで南高に進学することになった。
そして彼女は南高に俺は東高に。
そのまま逢っていなければ、淡い恋として終わっていた。
が、俺にとっては淡い恋にならず、少々苦い恋に書き換えられたのだ。

卒業式以来逢っていなかったが、俺は彼女に逢いたくて逢いたくて
気が変になりそうだった。
そんなある日、街の本屋で立ち読みしていたら、
「○○君~!」っと名前を呼ばれ、見ればそこに彼女が笑みを浮かべて
こちらに手を振ってくれていた。
俺は急な再会に動揺し、彼女の笑みに応えられず、
ただ、呆然と彼女を見ていただけだった。
俺はその場に凍り付いて、挨拶さえ出来なかった。
その俺の様子を見て、彼女からだんだんと笑みが消えていき、
とまどい、悲しそうな表情を見せて去っていった。
ついこの間まではあんなに仲良かったのに何故、そんな態度を
取るのか彼女は解らなかったであろう。
それ以来、あんな小さな町なのに彼女を町で見かけることは無かった。

あのとき、俺は動揺というより、人伝えに「好きだ」と言った事が
急に蘇り、己の卑怯さと恥ずかしさで動揺したのだ。
だから、変わらない 人なつこい笑みで呼びかけた彼女に応えられなかった。
簡単な事、ただ手を振り、「久しぶり、元気!?」と言えば良かっただけのこと。
それが、少年時代の俺には出来なかった。

高校を卒業し、俺が浪人して、地元のルミエールと言う喫茶店でバイトを
していたら、彼女が数人の友人と客として現れた。
注文を取りながら、その時彼女らの話から、彼女が札幌の大学に
推薦で入学したことを知った。
そして彼女は俺の知らない綺麗な女性になっていた。
それが彼女を見た最後だった。

あれから20年以上も経つのに、時々思い出す、彼女の悲しそうな目を。
あの時に戻って、俺はこう彼女に言いたいのだ。
「ごめん、恥ずかしくてさ。」


<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。